アディダス ADIDAS ULTRASTAR 80s "LIMITED EDITION" YEL GRN NAT

アディダス ADIDAS ULTRASTAR 80s "LIMITED EDITION" YEL GRN NAT

New アディダス ADIDAS ULTRASTAR 80s "LIMITED EDITION" YEL GRN NAT品番:52912082133

15,000円

12,000円


この商品の最初のレビューを書きませんか?

サイズ サイズ表
Qty:
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+

vBƷ

カテゴライズされた枠の中に留まる事無く、ストリートシーンやサブカルチャーを牽引するインフルエンサーからリアルユーザーに至るまで、多種多様な足元のマスターピースとして長きに渡りシーンの第1線で活躍し続ける「SUPER STAR(スーパースター)」.1969年に誕生して以来、当時の「NBA(ナショナルバスケットボールアソシエーション)」で活躍したスタープレーヤー「KAREEM ABDUL JABBAR(カリームアブドゥルジャバー)」氏が着用し"まるで足にシューズがプリントされているようだ"と絶賛.貝殻をモチーフにした「ラバー」製の「シェルトップ」が「トゥガード(爪先補強)」として機能しながら、アイコニックなパーツとして抜群の存在感を放ち、バスケットコートにおいて多くのプレーヤーの支持を得ました.そんな同モデルは「made in FRANCE(フランスメイド)」を始め、諸外国で製造された事で数多くのカラーバリエーションが存在し「adidas(アディダス)」のブランドフィロソフィが詰め込まれた名作です.また「adidas」とサブカルチャーの切っても切り離せない関係の中で、密にリンクするエピソードが語り種として存在するのも「SUPER STAR」の人気を支える由縁の1つ.80年代にヒップホップカルチャーをオーバーグランドに押し上げた立役者「Run-D.M.C.(ランディエムシー)」が愛用した事により、ヒップホップカルチャー共に密接なヒストリーを築き上げ、90年代には様々なサブカルの中のファッションアイコンだけではなくスケーターなどのアクションスポーツシーンでも愛用されるなど、現代まで色褪せる事無く輝き続ける定番モデルとなりました.昨今では、80年代に生産された「made in FRANCE」のフォルムやディテールを忠実に再現し具現化した「SS 80s(スーパースター80s)」をベースに「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」のクリエイティブディレクターである「国井 栄之(クニイシゲユキ)」が提案する「SS 80s MITA(スーパースター80sミタ)」「SS 80s MITA PYTHON(スーパースター80sミタパイソン)」が「adidas Originals for mita sneakers(アディダスオリジナルスフォーミタスニーカーズ)」から第4弾・第6弾とリリースされる等、様々なカラーリングが投下されています.そんな注目を集める「SUPER STAR」シリーズの派生として様々なバックボーンを持つ「ULTRASTAR 80S(ウルトラスター80S)」がリリース.当時から「adidas」のウェアやスニーカーを愛用していた「Run-D.M.C.」が、1986年にリリースしたアルバム「RAISING HELL(レイジングヘル)」のツアーの際に「SUPER STAR」を掲げ、代名詞とも言える「My Adidas(マイアディダス)」を、約3万人のオーディエンスと共に熱唱する姿を見た「adidas」関係者が感銘を受けた事から「adidas」によるサポートがスタート.両者は、メンバーの1人である2002年に急逝した「JAM MASTER JAY(ジャムマスタージェイ)」氏の追悼の意を込めたプロダクトがリリースされている事からも、その「関係性」がビジネスとしてだけでは無く、本当の意味でのパートナーシップである事を証明.それまで、世界中で活躍するアスリートとだけ契約を行って来たナショナルスポーツブランドが、アーティストと契約を結びプロダクトを開発すると言う当時では異例なプロモーションをスタートさせた衝撃的な出来事であり、この考え方が継承され今も尚「adidas」がスポーツとサブカルチャーと言う一見真逆とも取れる要素を絶妙なバランスで両立する原点と言えます.今作は、そんな「Run-D.M.C.」が「SUPER STAR」を「シューレース」を外し着用していた事から誕生し「シューレース」を取り外しても着用出来るよう「ホールドバンド」を採用した「ULTRA STAR(ウルトラスター)」を再現.「スリーストライプス(3本線)」には「スネーク柄」を使用しながら「シュータン」には「Run-D.M.C.」の「グラフィック」を落とし込む等、通常のプロダクトとは一線を画した拘りとコンセプトが細かな部分にまでしっかりと反映されています.創設者「ADI DASSLER(アディダスラー)」が考案した「スリーストライプス」が正式に商標登録されて"60周年"を迎え、スタートしたデザイナーズコレクション「DESIGN COLLABORATIONS(デザインコラボレーションズ)(旧称ObyO)」そして世界プロジェクト「CONSORTIUM(コンソーシアム)」等で新たな展開を魅せる「adidas Originals(アディダスオリジナルス)」.そんなブランドフィロソフィを反映したコンテンポラリーなアイテムの礎となるヘリテージモデルから「adidas」の歴史と魅力を是非、体感して見て下さい.: