アディダス ADIDAS PW STAN SMITH BPD "BIG POLKA DOT PACK" RED WHT DOT

アディダス ADIDAS PW STAN SMITH BPD "BIG POLKA DOT PACK" RED WHT DOT

New アディダス ADIDAS PW STAN SMITH BPD "BIG POLKA DOT PACK" RED WHT DOT品番:52912081805

20,000円

16,000円


この商品の最初のレビューを書きませんか?

サイズ サイズ表
Qty:
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+

vBƷ

常にアスリートの意見に耳を傾ける事で様々なアイデアをインプットし、それを具現化する確かな技術力によって革新的なプロダクトを生み出し続ける「adidas(アディダス)」.スポーツに尽力するアスリートをサポートするだけでは無く、プロダクトを通し関わる全ての人とコミュニケーションを取る事でスポーツそのものの発展に多大な影響を及ぼして来ました.スポーツの根本とも言える"走る"事に対する情熱は現在も冷める事無く「創造性」と「機能性」を兼備したパフォーマンスシューズを携えプロダクトカンパニーとして市場を活性化させています.そんな「adidas Originals(アディダスオリジナルス)」のブランドフィロソフィが詰め込まれた名作の中でも、多種多様な足元のマスターピースとして長きに渡りシーンの第1線で活躍し続ける「STAN SMITH(スタンスミス)」が、約2年の充電期間を経て待望のリローンチを迎え話題を集めました.そんな名作をベースモデルとしてプロデュースチーム「THE NEPTUNES(ザネプチューンズ)」や音楽グループ「N*E*R*D(ナード)」のメンバーとして活躍し、様々なジャンルのインフルエンサーとしてその同行に注目が集まる「PHARRELL WILLIAMS(ファレルウィリアムス)」氏が提案する「BIG POLKA DOT PACK(ビッグポルカドットパック)」が、世界中に拡がるスニーカーショップを結び付けスニーカーを中心に相互関係を構築する事を目的とし"CONSORTIUM(共同体)"と言う名称と"SHAKE HANDS(握手)"のアイコンを採用した「adidas Originals」の最上級プロダクト「CONSORTIUM(コンソーシアム)」よりゲリラリリース決定.創設者「ADI DASSLER(アディダスラー)」氏の"form following function(機能の後にデザインが付いて来る)"と言うデザイン哲学を基に当時の"テニス規則"を考慮しながら機能とデザインを融合し具現化された今作は、1965年に「フランス」のテニスプレーヤー「ROBERT HAILLET(ロバートハイレット)」氏の名を冠した「HAILLET(ハイレット)」として発表され、後に「アメリカ」を代表する名テニスプレーヤー「STAN SMITH」氏が愛用し、その偉業を称える為に1973年より正式に「STAN SMITH」のネーミングで再リリースされた逸足.また当時「ベンチレーションホール(通気穴)」を搭載した「レザー」のテニスシューズは画期的で、世界中のユーザーから高い支持を得て累計約"2200万足"もの販売数を誇り"世界で一番売れたスニーカー"として"ギネス世界記録"にも認定.更に、1990年代前半のアメリカンカジュアルを中心とした"ヴィンテージデニム"や"ヴィンテージスニーカー"ブーム時には生産時期や生産国での異なる細やかな仕様等から、本来の価値とは異なる付加価値が人気に拍車を掛け、現在でも時代を彩る名機として世界中のスニーカーフリークから絶大な支持を受けるマスターピースとして愛され続けています.充電期間を経て再リリースされた「STAN SMITH」をベースに、様々な分野でマルチな才能を発揮する「PHARRELL WILLIAMS」氏が提案する今作は「アッパー」全体にインパクトのある「ポルカドット柄(水玉)」を配置.シンプルなデザインに絶妙なアクセントとして「ヒール(踵)」と「インソール(中敷き)」には「adidas」のアイコンでもある「スリーストライプ」から着想を得てデザインされた「オリジナルグラフィック」が落とし込まれる等「CONSORTIUM」プロジェクトならではのディテールワークを魅せています.「PHARRELL WILLIAMS」氏が提案するアイデアとミニマムな「STAN SMITH」のデザインが融合した事で、新たな価値観を付加.スタンダードとは時代やユーザーと共に変化するものであり「adidas」が誇る普遍的な価値と新たなの魅力を融合した「PW STAN SMITH」は、正にそんな言葉を具現化した1足.その歴史の重みを継承し独創的なコンセプトを反映した今作を是非、足元から体感して見て下さい.: