アディダス ADIDAS CP 80S BLK WHT

アディダス ADIDAS CP 80S BLK WHT

New アディダス ADIDAS CP 80S BLK WHT品番:52912082141

14,000円

11,200円


この商品の最初のレビューを書きませんか?

サイズ サイズ表
Qty:
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+

vBƷ

カテゴライズされた枠の中に留まる事無く、ストリートシーンやサブカルチャーを牽引するインフルエンサーからリアルユーザーに至るまで、多種多様な足元のマスターピースとして長きに渡りシーンの第1線で活躍し続ける「CAMPUS(キャンパス)」.1970年初期にリリースされた「TOURNAMENT(トーナメント)」の後続モデルで1983年にオンコートのトレーニングシューズとして誕生し、リリースされてから80年代後半に至るまで長期に渡り生産が継続され「made in FRANCE(フランスメイド)」「made in KOREA(韓国メイド)」そして現在の「made in VIETNAM(ベトナムメイド)」など諸外国で製造された事でカラーバリエーションも数多く存在し「SUPER STAR(スーパースター)」や「STAN SMITH(スタンスミス)」と共に「adidas(アディダス)」のブランドフィロソフィが詰め込まれた名作です.サブカルチャーと密にリンクするエピソードが語り種として存在するのも「CAMPUS」の人気を支える由縁の1つ.1992年に発表された「BEASTIE BOYS(ビースティボーイズ)」傑作アルバム「CHECK YOUR HEAD(チェックユアヘッド)」のヴァイナルジャケットでの「MIKE D(マイクD)」氏のルーズな履きこなしや「MCA(エムシーエー)」氏が魅せたネルシャツとのコーディネイトはあまりにも有名.更にこの流れはスケートカルチャーにまで飛び火し、スケート界の傾奇者「MARC GONZALES(マークゴンザレス)」氏の足元を支え、後に「adidas SKATEBOARDING(アディダススケートボーディング)」ラインからシグネイチャーモデルをリリースするまでの「関係性」を築き上げる布石となりました.昨今では「ロンドン」の「FOOT PATROL(フットパトロール)」提案カラーを皮切りに、世界連動プロジェクト「CONSORTIUM(コンソーシアム)」から名作のフィロソフィを受け継いだ「CAMPUS 80S(キャンパス80S)」としてリリースされ完全復活を果たし、その後も様々なブランドとのコラボレーションモデルがリリースされ、2011年FALL/WINTERシーズン以降には「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」のクリエイティブディレクターを務める「国井 栄之(クニイシゲユキ)」が提案した「CP 80S MITA(キャンパス80Sミタ)」が世界中の選ばれた店舗にてゲリラリリースされ、実売・話題共に大きなバズとなったのは記憶に新しい所です.そんな注目を集める「CAMPUS」シリーズよりシーズンスポットモデルとしてリリースされる「CP 80S(キャンパス80s)」は、オリジナル仕様とは異なり「ライニング(内張り)」を「アッパー」のベースカラーから「ホワイト」へと変更し「スリーストライプス(3本線)」とのバランスを図ったシンプルなツートーンカラーを採用.また「ヒールロゴ」に施された「エンボス加工」に関しても、当時には見られない現代的な仕様に仕上げています.「アッパー」には今シリーズの定番である質感高い「ピッグスキンスウェード」を使用し、素材本来の発色を活かしたカラーリングで「CAMPUS」が持つクラシックなイメージを十二分に体現した1足に仕上がっています.また、オリジナルフォルムを忠実に再現し、今までの復刻とは異なる「オパンケ縫い」でオリジナル同様に仕上げられた「ソール」接着部分の仕様も魅力の1つ.スタンダードとは時代やユーザーと共に変化するものであり「adidas」が誇る普遍的な価値と本来の魅力を凝縮した「CP 80S」は、正にそんな言葉を具現化した1足.創設者である「ADI DASSLER(アディダスラー)」が考案した「スリーストライプス(3本線)」が正式に商標登録されてから60周年を経過し、新進気鋭のデザイナーズコレクション「DESIGN COLLABORATIONS(デザインコラボレーションズ)(旧ObyO)」や、世界各国を代表するキーアカウントのみで展開される世界プロジェクト「CONSORTIUM」が好評を博す等、益々躍進に加速を掛ける「adidas Originals(アディダスオリジナルス)」.そんなブランドフィロソフィを反映したコンテンポラリーなアイテムの礎となるヘリテージモデルから「adidas」の歴史と魅力を是非、体感して見て下さい.: