アディダス ADIDAS C75 EQT RUNNING CUSHION "CLUB 75" BLK WHT

アディダス ADIDAS C75 EQT RUNNING CUSHION "CLUB 75" BLK WHT

New アディダス ADIDAS C75 EQT RUNNING CUSHION "CLUB 75" BLK WHT品番:52912081837

19,300円

15,440円


この商品の最初のレビューを書きませんか?

サイズ サイズ表
Qty:
  • Facebook
  • Twitter
  • Google+

vBƷ

常にアスリートの意見に耳を傾ける事で様々なアイデアをインプットし、それを具現化する確かな技術力によって革新的なプロダクトを生み出し続ける「adidas(アディダス)」.スポーツに尽力するアスリートをサポートするだけでは無く、プロダクトを通し関わる全ての人とコミュニケーションを取る事でスポーツそのものの発展に多大な影響を及ぼして来ました.スポーツの根本とも言える"走る"事に対する情熱は現在も冷める事無く「創造性」と「機能性」を兼備したパフォーマンスシューズを携えプロダクトカンパニーとして常に市場をリードしています.栄光と挫折の歴史を繰り返し進化を遂げ「adidas」発祥の地「ドイツ」において今も尚、スニーカーフリークからの圧倒的な支持を受け続け「ヨーロッパ」を中心に世界中に多くのファンを持つ定番シリーズとして君臨する「EQUIPMENT(エキップメント)」シリーズ.その当時、同シリーズは"BEST OF adidas(ベストオブアディダス)"として位置付けられ、最新テクノロジーを搭載した各カテゴリーにおける最高機種にのみ採用された「EQUIPMENT LOGO(現パフォーマンスロゴ)」を使用し、ランニングシューズのみならずカテゴリーの枠を超え数多くの名作と呼ばれるプロダクトを生み出しました.1980年代に開発され現代に至るまで様々なモデルに搭載されているテクノロジー「TORSION SYSTEM(トルションシステム)」は、1990年代に入ると様々なランナーやランニングスタイルに対応すべく"CUSHION(クッション)" "SUPPORT(サポート)" "GUIDANCE(ガイダンス)"の3つのコンセプトに区分され、それぞれに特化した進化の過程を歩んで行く事となります.その進化の過程において「ZX(ゼットエックス)」シリーズのデザインコンセプトを継承した「EQT RUNNING CUSHION(エキップメントランニングクッション)」「EQT RUNNING SUPPORT(エキップメントランニングサポート)」「EQT RUNNING GUIDANCE(エキップメントランニングガイダンス)」の3モデルが、1990年代前半に「EQUIPMENT」シリーズからリリース."Runners are different"をコンセプトに開発されたこれらのパフォーマンスモデルは「adidas」が誇る最新テクノロジーを結集させた「機能性」は勿論の事「ZX」シリーズから受け継いだ「デザイン性」で「ヨーロッパ」を中心に拡がりを見せ「日本」でも徐々に人気を獲得し、シリアスランナーからスニーカーヘッズまで幅広く愛される「adidas」のブランドフィロソフィを継承した名作として現在も語り継がれています.昨今では世界中に拡がるスニーカーショップを結び付けスニーカーを中心に相互関係を構築する事を目的とし"CONSORTIUM(共同体)"と言う名称と"SHAKE HANDS(握手)"のアイコンを採用した「adidas Originals(アディダスオリジナルス)」の最上級プロダクト「CONSORTIUM(コンソーシアム)」より、満を持して復刻を果たした事も記憶に新しい所.そんな注目を集める「EQUIPMENT」シリーズの名作「EQT RUNNING CUSHION」をベースモデルに、現在「ヨーロッパ」のストリートシーンで注目を集める「フランス/パリ」発のクリエイター集団「CLUB 75(クラブ75)」が提案する「C75 EQT RUNNING CUSHION(クラブ75エキップメントランニングクッション)」が「CONSORTIUM」よりゲリラリリース決定.1992年に「クッショニング性」に特化したランニングシューズとしてリリースされた「EQT RUNNING CUSHION」.「ZX8000(ゼットエックス8000)」のコンセプトを引き継ぎ開発された今作は、ウォーキングやランニンング時に発生する足の捻れを防ぐ為「アウトソール」の「前足部」と「後足部」を繋ぐように設計され「安定性」を提供してくれる「TORSION BAR(トルションバー)」と、走行中の着地時に掛かる踵への負担を軽減する為に「アウトソール」の「後足部」に内蔵した「SOFT CELL(ソフトセル)」を搭載する事で「クッショニング」を強化.そして「UNITY HEEL COUNTER(ユニティヒールカウンター)」を取り付ける事で抜群の「ホールド性」を実現する等、その卓越した「機能性」だけでは無く、90年代を象徴する様な近未来的なデザインがシリアスランナーだけではなくファッションシーンにおいても高い評価を受け好調なセールスを記録しました.音楽プロデューサーとして活躍し、音楽レーベル「ED BANGER(エドバンガー)」の運営も行う「PEDRO "BUSY P" WINTER(ペドロビジーPウィンター)」氏.2006年からリリースされ、その年にリリースされた世界中のスニーカーやファッションそしてアート等を独自の視点でセレクトし紹介するストリートカルチャーブック「ALL GONE(オールゴーン)」の著者である「MICHAEL DUPOUY(マイケルデュプイ)」氏.そして、グラフィックデザイナー、フォトグラファー、ミュージックビデオプロデューサー等、様々な肩書きを持ち活躍の場を拡げる「SO-ME(ソーミー)」氏の3人から構成される「CLUB 75」が提案する今作は、カラーリングをミニマムな「ブラック」で統一.「シュータン」や「インソール(中敷き)」そして「ヒール(踵)」には「CLUB 75」が空想で描く"フランス代表チーム"の「エンブレム」が落とし込まれる等、今プロジェクトならではのディテールワークを魅せ、独創的なアイデアと「EQT RUNNING CUSHION」のデザインが融合した事で、新たな価値観を具現化.スタンダードとは時代やユーザーと共に変化するものであり「adidas」が誇る普遍的な価値と新たなの魅力を融合した「C75 EQT RUNNING CUSHION」は、正にそんな言葉を具現化した1足.その歴史の重みを継承し独創的なコンセプトを反映した今作を是非、足元から体感して見て下さい.: